社会福祉


  • 益沅は、思いやりの気持ちで2015年から社会福祉に参加しはじめました。「世の中から得たものを、世の中に活かす。」この様な精神のもとで、思いやりを持って社会的弱者に接し、隅々まで温もりを伝え、社会の人道的なケアに従事し、健康や環境保護の概念等のイベントを提唱します。
  • 甘霖社会福祉慈善事業基金会のスポンサーとなり、寒い冬に寒さを凌ぐために暖かい毛布などを1人暮らしの老人に送ってあげたり、エデン社会福祉財団(身体障害者慈善団体)、台南市コミュニティケア協会(社会事業団)、家庭扶助基金会、心身障害者家庭、台中ろう学校と協力し、心身に傷害のある学生に仕事の技能を学習させる実習の機会を設けたりしています。企業の社会的責任を果し、「自分の親や祖父母を敬愛し、それを他の家庭の年長者まで広げる。我が子をかわいがり、その気持ちを他の子まで及ぼす(孟子)」の理念を持ち続け、「人の飢えを自分の飢えと考え、人が溺れていたら、自分が溺れていると考える(孟子)」精神を各地に広めて行きたいと考えております。




© 2019 益沅プラスチック工業株式有限会社 All rights reserved.